代表挨拶

経験と技術をもとに、
クライアント様の思いを形にしていく。そんなお手伝いをさせて頂く会社が「株式会社タナックス」です。

商業施設内の物販店や飲食店のテナント工事、オフィス新設や移転に伴う内装工事を総合的に作り上げていく会社です。

株式会社タナックスは2000年に設立して、今年で21年目を迎える会社です。
その間、多くのクライアント様からの多種多様なご依頼を受け「ものづくり」の現場に携わってまいりました。
ただ、その携わってきた中でどれ一つとっても「タナックスだけ、自分一人だけ」で、出来た仕事は何一つ有りません。

勿論スタッフの経験や一緒に仕事をしているパートナーの技術は当然の事ですが、
立場は違えど、その仕事に関わる全ての方たちの掛けた時間、発想、苦労、時には厳しさや優しさなど多くの思いが注がれた事が、
私たちの携わってきた「ものづくり」を具体化できた要因であることは間違いありません。
「思い」の有る人たちをまとめ、より良い方向へ導いて行くこと、それが「ものづくり」をしている我々タナックスのスタッフが常に思っている事です。

今、時代の流れはとても速く、
あらゆる分野で、IT化や機械化が進み、欲しい情報は誰かに聞かなくても直ぐに手に入り、最小限の人との関わりで出来る仕事も沢山あります。
その様な時代の中でも、
私たちが今までしてきた「ものづくり」はこれから先も変化はしながらも「人と人とのつながりが有って成り立つ」事には変わり有りません。

多くの情報が有り、沢山の選択肢が有る今の時代でも選ばれる会社として、
これからも人と人とのつながりを大事にしながら、時代の少し前を進んでいける会社として、
数多くの「ものづくり」の現場に携わらせて頂きたいと考えております。